落合翔平の僕はこんな人間です2

多摩美術大学卒業のおっちーです。どうも

2015年11月

彼女の両親への挨拶の回②のつづきです。続きだから↑読んでない人は↑から読んでね。ではでは続きを。彼女から両親を紹介されると思った落合は、普段全く着ないスーツで待ち合わせ場所の稲田堤にいった。が、彼女は、クソ普通の格好で来ていた。落合、どうして、、?と一瞬 ...

彼女の両親への挨拶の回①のつづきです。続きだから↑読んでない人は↑から読んでね。ではでは続きを。落合はその頃橋本に住んでいた。で、稲田堤というのは調布のそばで、ぐらいの所だった。でも1つ疑問が、、、。彼女は武蔵小杉らへんの実家に住んでいる、、、。なんで稲田 ...

大学の時にお付き合ってた人がまあ変で、まあめちゃんこ面白かった。ある日彼女から、電話が掛かってきて、と言われた。こんなこと言われたら、の世界で生きている落合は完全に変な考えを催す。常に妄想ばかりしているから「紹介」という言葉だけで、一気に「結婚」までいっ ...

1番怖かったもの②のつづきです。続きだから↑読んでない人は↑から読んでね。ではでは続きを。あれだけ会いたかった山下達郎。しかしいざ本物にあってみると完全に、妖怪。もう完全に、度肝を抜かれた。てか、達郎、顔溶けちゃってるでしょ。もしかして達郎の顔、とろけるチ ...

1番怖かったもの②のつづきです。続きだから↑読んでない人は↑から読んでね。ではでは続きを。順ちゃんを超ど級に虜にした男は誰かというと、そう、ミュージシャン  その頃に発売された彼のアルバム、「TREASURES」に順ちゃんはもの凄く、虜になっていたのだ。 このアル ...

小さい時の落合には、あんだけぐわんぐわんに怖かった順ちゃんよりももっと怖いものがあった。順ちゃんに、と聞くと、と答える。確かに落合が小さい頃から、落合家には色んな音楽が流れていた。とか思っちゃう人もいるかもしれないが、心配ご無用。全くもってそんな上流チッ ...

暴君じゅんこ伝説 帰り道編⑥のつづきです。続きだから↑読んでない人は↑から読んでね。ではでは続きを。お巡りさんの、意表を突きすぎるタイミングのインターホンで、早くも閻魔召還かと思いきや、ここで、一筋の光が差し込んだ。 まじで!?やったぜ神様。そう順ちゃん ...

暴君じゅんこ伝説 帰り道編⑤のつづきです。続きだから↑読んでない人は↑から読んでね。ではでは続きを。お巡りさんに送ってもらって、お家に着いた。でも、まじで帰りたくない。しかしまあ、そんな事言ってられないから、パトカーから降りた。ここで、  になっちゃう。 ...

暴君じゅんこ伝説 帰り道編④のつづきです。続きだから↑読んでない人は↑から読んでね。ではでは続きを。お巡りさんに、「パトカーに乗りなよー」と言われ、くそびびったが、落合その頃、車とか、電車がベラボーに好きだったので、順ちゃんに怒られたことなんて、ヘッチャ ...

暴君じゅんこ伝説 帰り道編③のつづきです。続きだから↑読んでない人は↑から読んでね。ではでは続きを。 もうこの頃になると、 途方に暮れるしかなかった。 でしばらく、松戸駅の前に突っ立っていた。  が、そんなことではらちが明かないので、とりあえず交番に。 ...

暴君じゅんこ伝説 帰り道編②のつづきです。続きだから↑読んでない人は↑から読んでね。ではでは続きを。じゅんちゃんの、怒りのキックが炸裂し、順子名言Botを代表する、「私の心のが痛いわよ!!!」が飛び出した。そして、 キタ、   怒りボルテージ、MAXからの、は ...

暴君じゅんこ伝説 帰り道編①のつづきです。続きだから↑読んでない人は↑から読んでね。ではでは続きを。で、授業が終わって帰ることに。でも、教室から動きたくない。なぜらなば、間違いなくしばかれるから。でもまあどうすることもできないので、いざ覚悟をして順ちゃん ...

↑このページのトップヘ