あいつは歯がない① 

の続きです。

上の続きだから上読んで読んでね。

はい、つづきを。


久しぶりに会ったおやじに歯がなくて、色々無駄なことも考えてしまった落合。

56
01
17
25
37
45
37




しかもおやじは、


歯がないことをカミングアウトしてこない。

58

むしろ隠す。


07


上唇で上の歯をかくしたりする。


であたかも
14

 
こんな顔をする。


で、また

20


全然風邪引いてないのにわざと口に手を当ててゴホゴホするふりして歯を隠したり。


でこの時も

55

こんな顔をする。


完全に確信犯だ。もう死んじゃったほうがいい。


でも久しぶりに会ったおやじに2人とも歯について突っ込めなかった。

無論、何故ない歯をあるように演じているのかなんて聞ける訳もなかった。



でまあ聞けぬまま、

41


食事にいくことに。



歯がない③につづく



おまけ

昨日、面白いサックス先輩と中華料理屋で謎に出されていると噂になっている“カレー”を食べに行った。

てか結構中華料理屋なのにカレーを出しているお店が多いらしい。

で、全部で5軒ぐらい回ったんだけど

1軒目はカレーやめちゃってた。2軒目は大盛りそうすぎてやめた。3軒目はお店やってなかった。
4軒目もお店やってなかった。5軒目でやっと食べれた。

カレーはすげえおいしかった